ゲーム絵日記こぼると君とは?こぼると君つぶやきらくがきおもちゃたちガンダム(トイ含)DS ドラクエ5北斗の拳REVOLUTION
変な趣味とか イラストと呼ぶにはおこがましい落書きとか書いてます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.15 Mon
前回からすっかり時間が経ち、旬が過ぎた感がありあり。
世間様はおそらくクロノトリガーDSに関心が移っていることと思われ。

でもまだウチは一日目の日記という体たらく。ぬう。



さて、前回サンタローズにたどり着いた親子。
村民はみな、親子を暖かく迎えてくれる。話の内容から、
パパス親子は過去にも来た事があるらしい。
途中、教会にも立ち寄ります。シスターはよほど嬉しかったのか、
「パパスさんが帰ってきた!わーい わーい!」と飛び跳ね・・・
・・・いったい何歳なんだろう。
こっちが恥ずかしくなるよ!あなた!

と、ある民家で「だんなさま!」と声をかけてきた男が一人。
おお、お前はメタb・・・サンチョ、サンチョじゃないか!
とすると、ここはパパスの別荘ということに。サンチョは留守を預かっていたらしい。

しばらくすると、パパスはどこかへ出かけてしまう。
修学旅行で言うところの自由行動状態であるが、
村の外への出口は戦士が塞いでいるため、行動範囲は村の中に限定される。

「やることねぇ・・・」

名所があるわけでもなく、遊ぶ場所があるわけでもないこの村。
さっそく暇をもてあます主人公。
ぶらついていると、道具屋の主人が帰ってこない、と弟子であろう若い男が困っていた。
グチグチとどうしたらいいか迷っていたが、
村の人間に頼めばぁー?
神父おるやん!武器屋の主人強そうな覆面やん!
洞窟の入り口にいた戦士は
「私は誰かがうっかり洞窟に入らないように見張っているんだ」みたいな事を・・・

ってかこ い つ に 頼 め

なんなんだよ!アットホームな雰囲気は上辺だけかよ!

世の中というものを知った主人公は、自分が行くことに決めた。だって話進まないもん。

洞窟突入。
入り口の戦士は本当に見張っているだけだった。
ちったぁ引き止めろよ・・・

ちなみに、管理人のセオリーはこうである。

ダンジョン入り口でレベルうp

ちょっと装備を強くする(余裕があれば最強装備に)

宝は全て回収、いったん退く

万全の状態で最短ルートを進み、目的地へ

そんなわけでレベル上げである。
武器は、大戦末期、あのB29を迎撃する際に用いられたという伝説の竹の槍に留め、
防具は宝箱から回収→撤退を繰り返し一通りそろえた。
回復は別荘にて行う。むろんタダ。

あと、ドラキーはウザい。

かれこれゲーム内時間で一週間ほど経った。もう道具屋の主人は死んでるんじゃあるまいか。
見つけたときには岩の下敷きになってたし。

でも生きてた。
「岩をどけてくれ」というので押してみた。あっさりと岩は道具屋の主人の上から・・・


っておい!すげーな主人公!10歳にも満たん少年が大岩を・・・
いや、岩が軽かったのか?だとしたら道具屋の主人は自力で帰れたのでは?
謎は深まる。

で、村に帰ると、主人はお礼としてアイテムと、薬草などを安値で売ってくれるようになる。
住人がアレなせいもあってか、よほど助けてもらったことが嬉しかったのだろう。

パパスもちょうど帰ってきた。いちいちタイミング悪いなぁーこの人。


そして、別荘に来客が訪れる。ここで一日目は終わり。

続く。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://mukakinmono.blog16.fc2.com/tb.php/231-8db71de9
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。